スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も今日とて眠れにゃい(´-ω-`) 
秋の夜は、はるかの彼方に、
小石ばかりの、河原があつて、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射してゐるのでありました。

陽といつても、まるで珪石か何かのやうで、
非常な固体の粉末のやうで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててゐるのでした。

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでゐてくつきりとした
影を落としてゐるのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄流れてもゐなかつた川床に、水は
さらさらと、さらさらと流れてゐるのでありました・・・・・・



中也さん。
あんまし得意ではないけれど
この詩は好きです。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://allend.blog20.fc2.com/tb.php/57-d3bb7474

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。